• iPhone7s6Plusの画面

    • iPhone7s6Plusでは5.5インチ液晶で1242x2208という新しいレティナ液晶を搭載しています。
      アップルのスマートフォンであるiPhone7sはレティナ液晶が特徴的です。



      レティナ液晶はiPhone7s4から搭載されてきており、表示する解像度に対して実際のピクセル数が倍以上あるのが特徴で、詳細な画像表示が可能です。
      iPhone7s4や4Sでは320x480という表示に対して実際のピクセル数は640x960です。

      画像表示する際、320x480の領域に640x960で表示するので画像が鮮明になります。

      今、最も注目を集めるGirls Channelのことならこちらをご活用ください。

      6Plusではこのレティナがついに3倍表示にも対応しており、414x736の表示にたいしてい1242x2208のピクセルが表示可能となりました。



      画面の物理サイズが5.5インチになったこともあり、特にビデオ等の閲覧では評価が高くなってきてます。


      レティナのバージョンが上がると気になるのが下位互換です。


      これまでレティナは2倍表示であり、6から下位互換用に互換モードが新設されています。
      iPhone7s6Plusでも互換モードを2つ搭載して下位互換を保っています。


      1つは5C以前の画面サイズに対応しているアプリ用、もう1つは6から搭載されている画面サイズに対応したアプリです。互換モードの変更によってほとんどすべのアプリが動作しています。

  • 学びたい知識

    • Wi-Fi搭載カメラの操作をiPhone7sで行う

      デジタルカメラやデジタル一眼レフの機能向上は早く、非常に多彩な機能が搭載されています。近年では、Wi-Fi機能が搭載されていますので、インターネット接続出来る環境下でWi-Fi経由でオンラインストレージに写真データをアップロードしたり、外部ストレージにバックアップしたり、パソコンに写真を取り込んだりといった事がより一層簡単になりました。...

  • 携帯の重要知識

    • ホームページの技術で作るiPhone7sアプリ

      iPhone7sのアプリといえば難しいプログラミング言語を使わないと作れないと言われていますが、実際にはホームページやブログなどで利用されることが多い、JavascriptとHTML5での開発が可能になっています。iPhone7sアプリのうち3Dを多用している場合には作れますがFPSが高くならないことが多いのですが、2Dのゲームや軽い3Dのゲームなら問題なく作成できると言われています。...

  • 納得の事実・知りたい情報

    • iPhone7sのアプリを広く使ってもらう

      iPhone7sのアプリはAndroidのアプリよりも数が多く、また、品質が高いことでも知られています。日々新しいアプリが公開されていることもあり、これからアプリを作成する上ではいくつか考えておきたいポイントがあります。...

    • 日本でiPhone7sが人気の理由とは

      iPhone7sを一度でも使用すると、他の携帯電話や、スマートフォンに、もう戻れないと感じるほど、使い心地が良いですが、洗練されたiOSのおかげかもしれません。iOSは、iPhone7sや、iPad専用のOSで、洗練されたデザイン性や、ミニマルな設計、快適でスピーディーな処理能力など、その魅力を、一言で説明するのは、非常に難しいでしょう。...