• iPhone7sのアプリを広く使ってもらう

    iPhone7sのアプリはAndroidのアプリよりも数が多く、また、品質が高いことでも知られています。
    日々新しいアプリが公開されていることもあり、これからアプリを作成する上ではいくつか考えておきたいポイントがあります。

    1つはアップストアでの検索順位、もう1つはアップストア以外での広告です。


    iPhone7sアプリは必ずアップストアに登録され、ダウンロードされます。
    そのため、いわゆる勝手アプリが利用できません。
    iPhone7s用のアプリはアップストアに登録されて初めて広く利用されることになります。

    iPhone8の在庫情報はこちらです。

    しかし、たくさんのアプリが登録されているので同じようなアプリが多数並ぶことになります。そこで重要なのが説明文と対応OS、そしてスクリーンショットと言われています。

    アプリが多数あることで利用者は検索を行います。

    今、話題のYahoo!ニュースならこちらが人気です。

    検索は説明文を主に検索するのでキーワードを適切に埋め込む必要があります。また、比較的新しいOSを利用するユーザーが多いiPhone7sですが、古い世代のOSにも対応させることでユーザーを獲得しやすいとも言われてます。

    そしてアプリ説明画面まで誘導できればスクリーンショット次第でダウンロードしてくれるかが決まるようです。



    そしてアプリに誘導する意味ではブログやYoutubeでのアプリ宣伝も重要です。